2007年04月30日

キリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キリン(英名:ジラフ)はウシ目(偶蹄目)キリン科に属する動物である。名は中国から日本に伝来した想像上の動物麒麟(きりん)に由来する。学名 camelopardalis はラテン語で「ヒョウ柄のラクダ」を意味する。もっとも背が高い動物であり、体にくらべ際立って長い首をもつ。アフリカ中部以南のサバンナや疎林に住む。

長い首をもつ最も背の高い動物であり、オスの体高は平均5.3mに達する。ほとんどの哺乳類と同様、頚骨(けいこつ)の数は7個である。一つ一つの頚骨が大きく、また首の筋肉が発達しており、長い首を支えることができる。時速50キロ程度で走ることができるが、足が長いため加速性は悪い。ライオン等に襲われた時には、リーチを活かしてキックで応戦することもある。
【PR】資格がいいよ!
長さ約40cmの長い舌を持ち、この舌でからめ取るようにして高い所にある木の葉を食べている。オス、メスともに頭に2〜5本の皮膚におおわれた角がある。体は黄褐色の地に茶色のまだら模様になっている。

心臓から脳までの高低差は約2mあるが、動物の中で最も高い血圧を有しており、脳まで血流を押し上げることができる。首の血管には弁がついており、血液が逆流することを防いでいる。

キリン科に属するキリンとオカピの後頭部には「ワンダーネット(奇驚網)」と呼ばれる網目状の毛細血管が張り巡らされている。この「ワンダーネット」が急激な血圧の変化を吸収するため、急に頭を上げ下げをしても、立ちくらみをすることがない。

脚が鬱血しないように、皮膚が硬質化している。
posted by toot at 14:16| 動物の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カメ(亀)は、爬虫綱・カメ目(Testudines)に分類される爬虫類の総称。

甲長10cm程度の種から甲長2m以上(カメは甲羅に頭部や四肢、尾を収納するため全長の計測が困難なため大きさを表す際に甲長という背甲の直線距離により大きさを表す。)になるオサガメまで様々だが、中生代には恐竜と共に繁栄していた事が分かっている。アメリカでは、中生代・白亜紀の地層から甲長4mに及ぶアーケロン(Archelon spp.)という巨大なウミガメの化石が発見されている。
【PR】資格は○○!!
カメの外見上の最大の特徴は、甲羅を持つ事である。甲骨板は外側が鱗(角質甲板)、内側が皮骨(骨甲板)で形成され、それぞれの継ぎ目をずらす事で強度を上げる工夫をしている。爬虫類で甲羅を持つのはカメ類だけで、トカゲ、ヘビ、ワニ等他の爬虫類との中間的な動物が発見されていない。よって爬虫類の始祖からどのように進化し、甲羅を持つに至ったのか詳しい事は不明である。この為カメ類は爬虫類の中でも特異な群とされている。

posted by toot at 14:12| 動物の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヘビ(蛇)は、有鱗目・ヘビ亜目に分類される爬虫類の総称。長い体に頭と尾があり、瞼、外耳、足がなく、全身が鱗におおわれる。毒を持った種類もいる。

ヘビは中生代にトカゲ類の一部が足を退化させて誕生した動物とされ、現在もメクラヘビやニシキヘビなど一部の原始的なヘビに腰帯の痕跡を持つ種類がある。一部のニシキヘビには大腿骨も残っている。なお肩帯のある種類は現存しない。

細長い体に2つの肺が並んでいては邪魔になるためか左肺が退化している。原始的なヘビほど左肺が大きい傾向にある。

胴と尾の区別は、一般に総排出腔から先が尾とされる。無論骨格を見れば胴体と尾の境界はある。変温動物なので、極端な暑さ寒さの環境下では休眠を行なう。

全世界の熱帯・温帯を中心に3000種類ほどが知られている。生息環境は森林、草原、砂漠、川辺、海など種類によってさまざまで、地上でくらす種類、木の上でくらす種類、浅い地中にもぐってくらす種類、海中を自在に泳ぐ種類など多様性に富む。

大きさも最大10mといわれるアミメニシキヘビやアナコンダから、10cmそこそこのメクラヘビ類までさまざまな大きさがある。なお世界最大の毒蛇は体長5m以上になるキングコブラとされる。

視力は人間などに比べると弱いが、これは蛇の祖先が現在のメクラヘビ科のように地中性であるために1度目が退化しかけたことによるものであると考えられている。このため現存のものにも目が退化した種類も多い。聴覚や脚を退化させたのも地中に潜ったことと関連があるという。その反面嗅覚が発達しており、舌をひらめかせることによりにおいを感じ取って獲物を追う。マムシやハブなどは、目と鼻のあいだに赤外線(動物の体温)を感じ取る"ピット"(赤外線感知器官)をもつ。
【PR】資格ライフ
食性はすべてが肉食性で、主食はシロアリ、ミミズ、カタツムリ、カエル、ネズミ、魚類、鳥類など種類によって異なる。大型の種類ではシカやワニまでも捕食することがあるが、変温動物で体温を保つ必要がないため、食事の間隔は数日から数週間ほどである。獲物を捕食するときは、噛みついてそのまま強引にくわえ込む、長い体でぐるぐると巻きついて締めあげて窒息させる、毒蛇の場合は毒牙から毒を注入して動けなくする、などの後に左右に割れた下あごを交互に前後させ呑みこむ。
posted by toot at 14:09| 動物の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

サル

サルは、日本では特に、日本固有種であるニホンザルを指すことが多い。

サルは脊椎動物亜門 哺乳綱の1目。霊長目(れいちょうもく、霊長類)とも呼ばれる。キツネザル類、オナガザル類、類人猿、ヒトなどが属している。
【PR】資格EX
なお、「サル」の漢字には、日本では専ら「猿」が当てられるが、本来の字義としては、「猿」は尾の長い種類(Monkey)を、「猴」は尾の短い種類(Ape)を、「?」は手の長い種類のサル類をさす。
posted by toot at 15:23| 動物の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

シカ(鹿)とは、哺乳類 ウシ目(偶蹄目) シカ科に属する動物の総称である。ニホンジカ、トナカイ、ヘラジカなどが属しており、約16属36種が世界中の森林に生息している。

シカ科に属する動物は草食性で、4つに分かれた胃をもち、反芻による消化を行う。オスは枝分かれしたツノをもつ。多くのシカ科のメスはツノをもたないが、トナカイはオスメス共にツノをもつ。ウシ科の動物のツノ(洞角)は骨の芯があり、生え替わらずに一生伸び続けるが、シカのツノ(枝角)は皮膚がもりあがってつくられるもので、毎年生え替わる。角は触ると硬いが、水につけていると自然と軟らかくなる。縄文人たちはこうする事で角を釣り針や矢じりなどの自由な形に加工していたと考えられている。体の大きさは体重6〜8kg程度のプードウー(チリ、アルゼンチンなどに生息)から、体重800kgにも及ぶヘラジカ(ムース)まで様々である。

世界各地の山野に数多く生息していたシカ科の動物は、ほとんどの民族の文化に対して古くから重要な影響を与えていたと思われる。後世の文化においては、シカは、「俊敏」「非力」などの象徴として、また時には峻険な山岳地の象徴として用いられることがある(カモシカも参照)。ちなみに、カモシカはシカ科ではなく、ウシ科に属する。
【PR】資格の比較
またシカは、稲のまだ柔らかい芽を好んで食べる。その対策としてよく田んぼの周りを柵で囲むなどの対策を農家の人達は講じている。
posted by toot at 15:19| 動物の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

ジャイアントパンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジャイアントパンダ(あるいはシロクログマ)は、中国四川省、陝西省などに生息する、哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科に属する動物。

中国では熊猫(くまねこ)または大熊(おおくまねこ、ターシュンマオ)と呼ばれる。

白と黒にはっきりと分かれた体毛が特徴で世界中で人気がある。

【PR】資格のバックドロップ
posted by toot at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネズミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ネズミ(鼠)とは、ネズミ目(齧歯目)ネズミ上科に属する哺乳動物の総称である。ハツカネズミ、ドブネズミなど、1,000種以上が含まれる一大グループを形成している。

ネズミのほとんどが夜行性で、よく人間が寝ている間に人間の食料などを食べたりするので、寝盗み(寝ている間にこっそりと人間の食料を盗む)が転じて、ネズミという名がついたといわれています。

また、ネズミは齧歯類に特徴的な、一生延び続ける門歯をもつため、常に何か硬いものをかじって前歯をすり減らす必要性がある。

もし、硬いものをかじらないまま放置しておくと、前歯が口をふさぐような形になり、食べ物が口に入らなくなってしまい、餓死してしまう。

繁殖力が高く、世界中のほとんどの場所に生息している。ネズミ上科のほとんどの種が、丸い耳、とがった鼻先、長い尻尾といった、よく似た外観上の特徴をもち、外観から種を見分けることは難しい。このため、頭骨や歯によって識別がされている。

【PR】資格 GP

ハツカネズミなどのネズミは一度の出産で6〜8匹生むことが出来、わずか3〜4週間程度で性成熟し子供が産めるようになる。

posted by toot at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウサギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウサギ(兎)は、ウサギ目に属する草食哺乳類の総称。ただし、多くの場合、ウサギ目のうち耳の小さいナキウサギ科を除いたウサギ科の動物のみを指す。外敵から身を守るために発達した大きな耳と、脱兎の如(ごと)くなどと例えられるような俊足ぶりや、出来るだけ遠くの音を聞くために立って音を聞くことが出来るように発達した長い足が特徴的である。カイウサギ(アナウサギ Oryctolagus cuniculus の家畜種)、ノウサギなど。

日本では、長い耳と小さな目がかわいいととらえられることが多く、小学校でよく飼育されている。現在ペットとして飼われているウサギ(カイウサギ)は、すべて哺乳綱 - ウサギ目 - ウサギ科 - アナウサギ属を家畜化したものといわれている。アナウサギ(英:rabbit)はヨーロッパ原産で、名前のとおり野生状態では地下に巣穴を掘り、巣穴で出産・育児を行う。アナウサギも、それを家畜化したカイウサギも、子どもは出生時には眼が開かず、毛も生えておらず、自力で歩行や跳躍ができない。
【PR】資格のブロードバンド

一方、日本の山野に棲息しているウサギはノウサギ類(英:hare)で、巣穴を掘らずに生活し、子どもは生まれてまもなく眼が開いて毛が生え、歩行もできる。

posted by toot at 00:56| 動物の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

トラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ネコ目(食肉目)ネコ科の最強哺乳動物。

主に中東からインド・パキスタン周辺までの地域で使用される重量の単位(Tola, Tolas)。約11.664g。金製品などの取引で使われる。

男性用の下着、トランクスの別名・俗称。

かつて使用されていたオートレースの競走車用エンジン「トライアンフ」の略称。詳細はトライアンフ (競走車)を参照すること。

【PR】HIHI資格

積載量17t〜19tの無蓋車。
posted by toot at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ライオン (Panthera leo) はネコ科の大型肉食獣。現在の生息地はアフリカおよびインドの一部に限られるが、かつてはアフリカ・アジア・ヨーロッパ南部の広い地域に分布していた。獅子とも表現される。その威風堂々とした容貌・態度と最強動物の候補として挙げられる単体の強さから百獣の王として有名である。

普通は雄1〜2頭、雌3〜6頭、そして子供多数のプライドと呼ばれる群れを形成し、大型草食獣を狩る。食糧とする草食獣はシマウマ、ヌー、キリン、スイギュウ、カバなどである。アフリカゾウの成獣は捕食の対象外と考えられてきたが、近年、ボツワナで、乾期にアフリカゾウを主に補食するプライドが確認されている。過去に例はあるが、普通は人間を襲わない。
【PR】資格試験なんて簡単かもよ!
動物園でも簡単に繁殖するため絶滅の危機は少ないが、生息地における純粋な亜種の個体数は自然の破壊とともに減少の一途をたどっている。絶滅危惧II類(IUCN)である。
posted by toot at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

イヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イヌ(犬)は、イヌ科の動物。ネコ目イヌ科イヌ属に分類される。

学名は Canis lupus familiaris。イヌはリンネ(1758年)以来、伝統的に独立種 Canis familiaris とされてきたが、イヌをタイリクオオカミ (Canis lupus) の亜種の一つとする学説(1993年、 D.E.Wilson and D.A.M.Reeder)が、現在は受容されつつある。

広義の「イヌ」(後述)と区別して「イエイヌ」(英名 Domestic Dog)とも言うが、これは伝統的な学名 C. familiaris (家族の-犬) に対応した呼称。

また、広義の「イヌ」は広くイヌ科に属する動物 (イエイヌ、オオカミ、コヨーテ、ジャッカル、キツネ、タヌキ、ヤブイヌ、リカオンなど) の総称でもあるが、日本ではこちらの用法はあまり一般的ではなく、欧文翻訳の際、イヌ科動物を表す dogs の訳語として当てられるときも「イヌ類」などとしてイエイヌと区別するのが普通である。以下では狭義のイヌ(イエイヌ)についてのみ解説する。

イエイヌは人間の手によって作り出された動物群である。最も古くに家畜化されたと考えられる動物であり、現在も、ネコ Felis silvestris catus と並んで代表的なペットまたはコンパニオンアニマルとして、広く飼育され、親しまれている。

野生化したものを野犬(やけん、のいぬ)といい、あたかも標準和名のように、カタカナで「ノイヌ」と表記されることも多いが、もちろん種や亜種としてイエイヌから区別されるわけではない。
【PR】伝えたい資格
犬種については犬の品種一覧を参照。現在、ジャパンケネルクラブ (JKC) では、国際畜犬連盟 (FCI) が公認する331犬種を公認し、そのうち176犬種を登録してスタンダードを定めている。

posted by toot at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ネコ(猫、学名:Felis silvestris catus)は世界中できわめて広く飼われている食肉目の小型動物である。元来、ネズミを捕獲する目的で人に飼われ始めたといわれている。
【PR】資格日記

広義には、「ネコ(ネコ類)」とはネコ科動物 Felidae の総称である。ネコという単独の語がこの意味で使われることはあまりないが、Felis silvestris catus という亜種レベルの「ネコ」を指すことを強調したいときは、特に「イエネコ」ということもある。

学術的な分類では、狭義のヤマネコ(silvestris)の一亜種とされる。
ラベル:ねこ ネコ
posted by toot at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。