2008年01月11日

アメミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

パピルスに描かれたアメミットアメミット (Ammit) は、エジプトで云われている幻獣の一種。アーマーンともアミマッドとも言う。

転生の裁判にて、天秤にかけられた真実の羽(マアト)よりも重かった死者の心臓(バー)を貪り喰らう。喰われた魂は二度と転生できない。霊魂の不滅が信じられていた古代エジプトでは、それは永遠の破滅を意味していた。

壁画などでは常に鎖に繋がれているが、それは束縛しないとこの世の全ての畜生の肉を食べ尽くしてしまうからだと言われている。


【PR】blog|BLOG
ラベル:アメミット
posted by toot at 16:54| Comment(11) | TrackBack(2) | 伝説の生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。