2008年03月15日

シームルグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

シームルグ(Simurgh)は、イラン神話に登場する神鳥。 サエーナ鳥とも呼ばれる。ちなみにサエーナとは猛禽の事を指す。

ゾロアスター教神話によると、太古の海に2本の木があり、その内の1本に棲んでいたとされる。その木の上でシームルグが羽ばたくと種子が撒き散らされ、その種子から様々な種類の植物が生えたという。

12世紀の叙事詩「王書(シャー・ナーメ)」では、学識豊かで、人語を話す霊鳥だとされている。
ラベル:シームルグ
【関連する記事】
posted by toot at 04:13| 伝説の生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。