2007年05月10日

ペデルペス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ペデルペス(Pederpes, 「岩を這うもの」または「岩の足」の意)は、約3億5000万年前(石炭紀前期)のスコットランドに生息していた絶滅両生類である。
【PR】ゲームとべんきょ
全長1メートル程度の湿地や浅瀬に住む生物だったと考えられている。
posted by toot at 21:33| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒロノムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ヒロノムス(Hylonomus│森のネズミの意)は石炭紀後期の約3億1500万年前のカナダに生息していた最初期の爬虫類である。
【PR】おしごとごとのブログ
全長は20cmほどで、外見は現生のトカゲによく似ていた。 小さく鋭い歯を多数持ち、小さな昆虫や陸上節足動物を捕食していたと考えられる。

ヒロノムスの化石は当時の植物の切株の化石の中からよく発見される。樹皮以外が腐って空洞になった切株が天然の落とし穴になり、そこから脱出できずに死んだものらしい。
posted by toot at 21:33| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディアデクテス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ディアデクテス(Diadectes│上下に噛み合わすの意)は、石炭紀後期の北アメリカに生息していた四肢動物である。
【PR】スキルアップ
両生類と爬虫類の中間的な動物であり、現在は便宜的に両生類に分類されているが、かつては最も原始的な爬虫類である杯竜類の一つとされていた。D. absitus・D. maximus・D. tenuitectus・D. molaris などの種が報告されている。
posted by toot at 21:30| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

カセア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
【PR】資格ゲッチューーー
カセアはペルム紀に現在の北米からヨーロッパにかけて生存していた哺乳類型爬虫類。

下顎に歯がなく、上顎に大きな歯がある。草食動物だったと考えられている。

posted by toot at 19:39| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリオプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エリオプス(Eryops )はペルム紀に生息していた迷歯亜綱分椎目に属する両生類。絶滅種。学名は「引き伸ばされた顔」の意。最大2mにおよぶがっしりした体型を持つ、この時期で最も有名な両生類である。
【PR】資格失格のブログ
学名の示すように、頭部は非常に大きく50cmを超える。幅広くやや扁平で、口には顎骨の縁のみならず口蓋部にも頑丈な歯が並んでいた。

かなりよく陸上生活に適応していたが、目と鼻孔は頭骨の上部に並んでおり、ワニやカバのように目と鼻だけ出して水中に潜んでいたことを窺わせる。このことより、水辺で生活する動物であったと考えられている。

posted by toot at 19:38| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エダフォサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エダフォサウルス(Edaphosaurus)は石炭紀からペルム紀前期にかけて現在の北米地方からヨーロッパにかけて生存していた爬虫綱・盤竜目・真盤竜亜目・エダフォサウルス科の生物の総称。名の意味は「舗道トカゲ」。
【PR】資格の講座ブログ
盤竜目は獣弓目とともに単弓類を形成していた。ペルム紀の末期に他の多くの生物とともに絶滅した。

全長3mほどのトカゲ様の生物で、背中に大きな帆状の突起物があるのが特徴。この突起物は体温の調整に使われていたと考えられている。また、横向きの棘があり個体毎に付き方が異なることから識別に資した可能性がある。 この時代では最も大型の草食動物であり、口蓋部の棘も咀嚼を助け繁栄の一因となったと思われる。

なお、しばしば誤解されるているが、エダフォサウルスは恐竜ではない。

posted by toot at 19:35| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリマティウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クリマティウス(Climatius)は、シルル紀からデヴォン紀にかけて生息していた棘魚類に属する魚類。
【PR】上等よ!
体長7.5〜10cm。小さな体に多くの棘や鰭が付いていた。

posted by toot at 01:48| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラドセラケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クラドセラケ(Cladoselache)はデヴォン紀後期に生息していた魚類。現在知られている中で最古のサメ。 体長約1m。口が身体の一番前にあった。
【PR】雑学っとも
posted by toot at 01:48| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イクチオステガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イクチオステガ(Ichthyostega, 「魚のよろい」)は、デヴォン紀後期に生息していた原始両生類。最初の四肢動物といわれる。Ichthyostega stensioei, Ichthyostega watsoni, Ichthyostega eigili, Ichthyostega kochiの4種が存在する。
【PR】資格の交差点
化石はグリーンランドで発見された。イクチオステガが生息していた当時のグリーンランドは、赤道直下付近に位置していたと考えられている。

体長約1メートル。重力から内臓を守るために肋骨がかなり発達していた。しかし体が重くなりすぎ、また足の先端には7本もの指があったことから、陸上を歩くのには適しておらず、殆ど水中での生活をしており、陸上脊椎動物の祖先といわれているが最近では直接繋がらないのではないかとの意見が出てきている。
posted by toot at 01:46| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アカントステガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アカントステガ(Acanthostega)はデヴォン紀後期のフィメニアン期のグリーンランドに生息していた原始的な両生類である。絶滅種。イクチオステガと同時代の生物だが、より原始的な特徴を持つ。1933年に頭骨の一部だけが発見され、頭蓋骨板後部の板状骨にある角状の突起から「棘の鎧」を意味する学名を与えられた。その後1987年に保存状態の良好な化石が発見され、一気に研究が進んだ。
【PR】好き好きスキルアップ
8本の指を備えた四肢を持つ。前肢の骨の配列は肉鰭類とよく似ており、可動性には欠けていたらしい。また地上で体重を支えることが出来たかも疑わしい。脊椎も地上の重力に抗するような特殊化はしておらず、イクチオステガのような肋骨の発達も無い。尾鰭はイクチオステガよりもさらにしっかりしていて、皮骨性の鰭条を持つ。また、肩帯には鰓の痕跡があり、鰓と肺の双方で呼吸をしていたようだ。結局、彼らは完全に水生の動物であり、四肢は水草の繁茂した浅い水域で移動するための器官だったと考えられている。
posted by toot at 01:45| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

アカントーデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アカントーデス(Acanthodes)は、デヴォン紀からペルム紀にかけて生息していた魚類。
【PR】モーツアルトのblog
体長20〜25cm。胸鰭が棘になっていた。原始的な顎を持つが歯はなく、プランクトンなどを食べていたと考えられている。

posted by toot at 22:12| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーリプテルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ユーリプテルスは、オルドヴィス紀中期からデヴォン紀後期に生息したウミサソリの一種。ヨーロッパや北アメリカの海に生息した。
【PR】資格と仕事と分け前
大きな頭部には一対の大きな眼と小さな眼がある。体長は24cmから1mに及ぶものまでいる。
posted by toot at 22:11| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メガログラプトゥス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

メガログラプトゥス (Megalograptus) はオルドヴィス紀中期の北米に生息していた節足動物鋏角亜門ウミサソリ目の生物。体長1m、外骨格は堅牢であり、脅威は自分より巨大なウミサソリやチョッカクガイ程度であったと思われる。
【PR】資格ストリート
第一脚に細かな棘を有し、三葉虫などを探り当る積極的な捕食者のようである。名の意味は“巨大な筆石”であり、この棘が筆石と誤認されたことに由来する。
posted by toot at 22:10| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘミキクラスピス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヘミキクラスピス (Hemicyclaspis) は、シルル紀後期に生息していた魚類の仲間。
【PR】資格ジェット
体長約15cm。グループの中では特殊化した種で、頭部が装甲で覆われていた。

posted by toot at 22:08| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

ビルケニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ビルケニア (Birkenia) は、絶滅した無顎類に属する魚類。シルル紀後期からデボン紀初期 に現在のヨーロッパに生息していた。 体長は10cmほどに達し、闊達に泳いでいたと考えられている。
【PR】雑学の宝庫

posted by toot at 15:33| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トレマタスピス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トレマタスピス(Tremataspis)は、シルル紀後期に生息していた魚類の仲間。
【PR】お金と資格の黄金時代
体長約10cm。アランダスピス同様、胸鰭などがなく、あまり上手くは泳げなかった。

posted by toot at 15:31| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テロドゥス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

テロドゥス(Thelodus)は、シルル紀前期に生息していた魚類の仲間。
【PR】超資格
体長約18cm。無顎類の中では比較的胸鰭などが発達しており、上手く泳げたと考えられている。
posted by toot at 15:29| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サカバンバスピス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

サカバンバスピス(Sacabambaspis)は、オルドヴィス紀後期に生息していた魚類の仲間。
【PR】資格の楽園
体長約25cm。目が身体の最前に並んで付き、頭部が上下2枚の骨板に挟まれていた。アランダスピス同様、胸鰭などがなく、あまり上手くは泳げなかった。

posted by toot at 15:27| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コノドント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コノドントはカンブリア紀から三畳紀(6億年前から1億8千万年前)の地層から発見される歯状の微化石である。動物体の一部の化石であるが、その正体は長く謎のままに、世界中で発見され、様々な成果を挙げた。発見された化石が魚の歯に似ていたため円すい状の歯を意味するコノドントと命名された。
【PR】マーネーウーォーズー
コノドントが発見されてから、その正体が分かるまでには、随分時間がかかっている。その間に、コノドントの研究は進み、その重要性が増すにつれ、正体探しにも熱が入った。コノドントの研究から、その正体が歯のようなものであろうとは言われたものの、環形動物であるとか、脊椎動物であるとか、さまざまな説が飛び交った。

最初にコノドントの正体として発表されたのは、バージェス動物群のひとつ、オドントグリフスである。コンウェイ・モリスは、1976年に、この体長6cmの腹背方向に偏平な動物を記載し、この動物の口の周辺に並ぶ短い触手の中に、歯のような骨があったらしい痕跡を見つけ、これがコノドントである可能性を遠回しに示唆した。分類群名として有錘歯綱(コノドントフォリダ)という名前すら提案した。しかし、軟体部の保存のよさに比べて固いはずの部分が残っていないことなどから、疑問視するものも多かった。

1970年ころ、メルトンとスコットはモンタナ州の石炭紀後期の地層からコノドント動物を発見したことを発表した。この動物、ティフロエススは体長約5cm左右に偏平な楕円形で、尾部にヒレがあり、全体はナメクジウオに似ている。この動物化石の腸に当たると思われる部分から、まとまったコノドントが見つかった。そこで、コノドントは腸内に並んで餌の仕分けなどを行なっていたのではないかとも言われた。しかし、発見されたコノドントは完全な姿ではなく、その後これはコノドント動物ではなく、コノドント動物を食べたものだと言われるようになった。

1983年に初めて真のコノドント動物の化石が発見された。その後さらにいくつかの化石が発見され、次第にその姿が明らかになった。それによると、この動物、クリダグナサスは体長2cm-5cmで、細長い円筒形で、頭には大きな目が二つあり、尾にはヒレがあって、現在のヤツメウナギなどと類縁のあるものと考えられている。コノドントは頭の先端に開いた口の周辺に並んで、鋭い歯として機能したと思われる。

posted by toot at 15:25| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

ケファラスピス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ケファラスピス(Cephalaspis)は、デヴォン紀に生息していた魚類の仲間。
【PR】私の見て書いてブログ!

体長約15〜20cm。頭部は骨板に覆われていた。胸鰭などは発生していたがまだあまり発達しておらず、あまり上手くは泳げなかった。

posted by toot at 16:26| 絶滅した動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。